Crown X Clown

「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」第1話あらすじネタバレ感想!学生達に教える法律より大切な教えとは??

【アイキャッチ】女神(テミス)の教室第1話あらすじネタバレ感想
カノン
カノン

こんにちわ!

管理人のカノンです♪

 

2023年1月9日から放送が始まった、北川景子さんが初主演を務める月9ドラマ「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」!このドラマは裁判官からロースクールに派遣された新任教師が新風を巻き起こす!?ロースクールのリアルな日常と、教師と学生たちの成長を描くリーガル青春群像劇です!それでは早速気になる第1話のあらすじネタバレ感想をお送りします♪

\女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~を無料動画で楽しむならコチラ!/
今すぐ無料で見逃し配信を見る♪
▲FOD14日間無料視聴できます▲

女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~】第1話あらすじネタバレ


出典<女神(テミス)の教室公式インスタグラム

出典<フジテレビ公式YouTubeより>

「人を知らなければいい法律家にはなれない」をモットーにする東京地方裁判所の裁判官、柊木雫(北川景子)は、1つ1つの案件に時間をかけすぎて、日々の仕事を効率よくこなせないでいた。そんなある日、柊木は、裁判所所長からロースクールへ派遣教員として突然の勤務辞令を受ける。柊木は裁判官との兼務と思ったのだが、まさかの専任。それでも彼女はめげることなく、青南大学法科大学院、通称“青南ロー”へと赴いた。教務主任の里崎健一郎(小堺一機)に案内され、学生たちに、「刑事訴訟法基礎」を担当することになったと紹介された柊木は、早速、前期期末の答案を返却する。しかし、一人一人の名前を呼んで返却する柊木は学生たちにいきなり不評。さらに、正解の答案にも赤字でびっしりとコメントを連ねていた柊木は、学生の照井雪乃(南沙良)や真中信太郎(高橋文哉)たちから、司法試験の対策には関係ないと言われてしまう。続いて行った講義でも、効率の悪い実務の話題に終始した柊木は、すっかり学生たちの反感を買ってしまった。“青南ロー”で学生たちに人気の教員は藍井仁(山田裕貴)。柊木は学院長の守宮清正(及川光博)から、「彼は自主ゼミで司法試験合格者を輩出するエース教員だ」と知らされる。柊木は藍井の授業を見学するのだが、徹底的に無駄を省き、できの悪い学生は置いて行くような授業に疑問を持つ。そんな中、柊木は守宮に”歓迎会”に誘われる。しかしその場には、藍井の姿もあった。守宮は2人で実務演習を受け持ってもらいたいと告げる。だが、教育方針の違う2人は言い争いに。守宮は、実務演習で弁護側と検察側に分かれて、学生たちと模擬裁判をやってもらうので、そこでお互いに理想の教育をぶつけあってみては、と柊木と藍井に提案した。
引用元<フジテレビ:女神(テミス)の教室公式

「女神の教室〜リーガル青春白書〜」第1話では、裁判官の柊木がロースクールの教員として派遣されるところから始まります。

しかし、そのロースクールの生徒たちには、効率主義、司法試験をパスするためだけの勉強を!という雰囲気が充満しています。そんな生徒たちから「メシア」「ゴッド」と崇められている教員・藍井!柊木とは正反対の教員です。

守宮学院長の提案で、模擬裁判が行われます。柊木は弁護側、藍井は検察側です。裁判の末の判決は?そして、柊木が生徒たちに伝えたかったこととは・・・。

※ここから先はネタバレ有のあらすじです!

正反対の2教員

裁判官の主人公・柊木雫(北川景子)は、ロースクールに教員として派遣されます。そのロースクールとは「青南大学法科大学院」です。

希望を胸に教員として教壇に上がる柊木でしたが、生徒たちにはある特徴が!効率を重視していて、司法試験をパスすることに絞った授業をして欲しいと言うのです。

生徒たちの言うこともある面では当然です。金銭的にも時間的にも余裕がないのですから。

裁判官が原告一人ひとりの話に熱心に耳を傾ける姿に感銘し、裁判官となった経験を持つ柊木は戸惑うものの、彼らを否定することなく寄り添います。

また、生徒たちの間にはある雰囲気が蔓延していました。とある研究家教員の授業を受けられないと意味がないという雰囲気です。

その教員は東大法学部在学中に司法試験をパスした天才で、彼の授業を受けた生徒から司法試験の合格者が出ているのです。そのため生徒たちからは「メシア」だの「ゴッド」だの言われています。

彼自身も司法試験を合格するノウハウを教えることにしか興味がなく、できない生徒は即、切り捨ててしまいます。

彼の名は藍井仁(山田裕貴)、雫とは全く正反対の価値観を持つ教員です。

柊木に関わる生徒たち

物語に大きくかかわる生徒は5人います。

照井雪乃(南沙良)

厳しい性格をしたしっかり者。他人にも自分にも厳しいため、非常に冷たいロボットのような印象。

2.真中信太郎(高橋文哉)

理想は「弱者を救う弁護士」とは言うものの、自分が本当に弁護士になれるのか?焦りを感じています。

3.桐矢純平(前田旺志郎)

おしゃべりでお調子者の感じですが、一番人間味がある感じです。

4.水沢拓磨(前田拳太郎)

一匹狼的雰囲気を漂わせています。若干近寄りがたいオーラが。

5.天野向日葵(河村花)

可能性をあきらめて、やる気がみられない感じです。

学院長が仕掛ける模擬裁判

柊木と藍井、正反対の2人に学院長の守宮清正(及川光博)が模擬裁判を提案。

検察側=藍井VS弁護側=柊木で行われることに。そして5人の生徒たち、照井と真中は藍井側に、桐矢と水沢と天野は柊木に側につきます。

この時点で柊木側についた3人は負けが確定だとテンション下がり目。

しかし、模擬裁判で扱われる被害者のことを話し合っているうちに、3人はどんどん気になり、自分から率先して調べ上げて行くのでした。

彼らが積極的になった姿を見て柊木はほほ笑み、見守ります。そしてとうとう3人は解決の糸口に気づきます。

模擬裁判の日が到来。被告人X役をする天野が証言台でとんでもないことを言い出します。

「自分は殺してない」と!ざわつく傍聴人、そしてオンラインで見ている全校生徒もざわつきます。そこからはいたちごっこの展開。あきれ果てる検察側や傍聴する生徒たちですが、柊木は3人に助け舟を出し、主張を続けさせます。

最後には感極まった被告人役の天野が心を打つような訴えを放つのでした。

「そんなことで一人の女性の人生を決めてしまってもいいんでしょうか」と。

しばらくして判決が下ります。判決は「無罪」!弁護側の3人は嬉しさを隠し切れませんでした。

初めての体験をする5人の生徒

模擬裁判後、柊木は5人の生徒を誘い、とある場所に向かいます。柊木と同期の弁護士・安藤麻理恵(佐藤仁美)のところです。彼女のもとにある老女がやって来ます。

この老女は万引きをしていました。柊たちは立ち合いの許可を得たうえ、この老女がどうして万引きに至ったのかを聞くことになります。

5人の生徒たちは老女の身の上の厳しさから同情しますが、安藤の回答は違いました。老女が嘘をついていて、万引きは計画的であり、常習犯だと伝えるのでした。

それでも彼ら(犯人や被告人)に寄り添って、話を聞いてやること、これは法に携わる者の責任であり、やりがいでもあると諭すのでした。

帰り道、生徒たちは資料では分からないことがあるとしみじみと感じていました。それでも1人、照井は司法試験合格に固執し、怒りをにじませます。

なぜなら照井は柊木のことをエリートであり、金銭的、時間的な苦労をしていないと思っていたからです。

しかし、柊木はエリートなどではありませんでした。

経済学部出身で、初めて法を学んだのが青南大学法科大学院、彼らが勉強しているロースクールなのです。

そして起こった事件

少し成長した5人の生徒たちに、また新しい日が始まります。授業を受けていると、柊木の悲鳴が校内に響きます。駆けつける生徒たち。彼らが目にしたのは、倒れて意識のない田辺先輩(田村健太郎)です。

田辺先輩は、すでに30歳という年齢、司法試験合格のために藍井のゼミ(通称「藍井塾」)に入れてくれるよう、土下座までして藍井に頼んでいました。

しかし、田辺には才能がないと決めつけた藍井は「もっと早くあきらめるべきだった」と吐き捨てて、彼を置き去りにしていました。この様子を桐矢は目にしていました。

女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~】第1話の感想・口コミ・評価まとめ


出典<女神(テミス)の教室公式インスタグラム

ここでは「女神(テミス)の教室」第1話を実際に視聴した方の感想をご紹介していきます!

今作はロースクール(法科大学院)を舞台にしていることもあり、授業の演出や個性豊かな生徒たちを応援するコメントが多く見受けられました!

女神(テミス)の教室では俳優さんだけでなく、今回のナレーションが声優・俳優としても活躍している宮野真守さんだったことも話題になっていました!

素敵なナレーションにメロメロになるファンが数多くいた模様です♪

女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~】第2話の内容と今後の展開は?

出典<フジテレビ公式YouTubeより>

青南ロー卒業後も司法試験合格を目指していた田辺浩(田村健太郎)が倒れて病院に運ばれた。柊木雫(北川景子)は桐矢純平(前田旺志郎)から田辺が藍井仁(山田裕貴)から酷いことを言われていたと聞き、藍井に事情を尋ねる。藍井から「受かる見込みのない学生に夢を与えても人生を台無しにするだけ」と告げられ、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)、桐矢ら成績下位の学生も田辺の二の舞になると言われ、柊木は反論する…。次の日、柊木は学生たちに『志望動機書』を配り提出するよう伝えた。学生たちのことをもっと知りたいと考える柊木だったが、藍井に鼻で笑われる。そんな中で柊木が行う実務演習の課題は『銭湯』。タトゥーがある男性Xが銭湯の店主に入店を拒否され、それでも無理矢理入ろうとするXは店主に押され転倒して負傷。Xは店主に治療費と慰謝料合わせて1000万円の請求を求めた。柊木は学生たちにXの請求について検討するよう促す。そんな折、里崎健一郎(小堺一機)が向日葵の父を連れて来た。教室を出た向日葵は、父からその成績では司法試験は無理なので学校を辞めても良いと言われてしまう。一方、Xの請求について話し合う生徒たち。照井雪乃(南沙良)や真中信太郎(高橋文哉)らほとんどの学生が妥当ではないと答える中、水沢が依頼を引き受けると言ったことで続きは翌週の授業に持ち込まれることに。その日の授業終了後、柊木は学生たちから『志望動機書』を受け取るが、水沢はなりたい職業に『弱者を救う弁護士』と書き、桐矢は同項目に書いた文字を修正テープで消していた。また、向日葵はほぼ空欄で、好きな食べ物に『冷凍みかん』とだけ書いていて…。
引用元<フジテレビ:女神(テミス)の教室公式

倒れていた田辺浩は病院に運ばれます。そのきっかけとなったと思われる、藍井の田辺に対するひどい対応。これを目にした桐矢は柊木に話します。柊木は藍井に事情を聞くと、藍井の反応は・・・。

実務演習の課題は「銭湯」。タトゥーがある男性と、彼の入店を拒否した銭湯の店主の案件です。授業終了後には、柊木が生徒たちのことを知るために配っていた「志望動機書」を受け取りますが・・・。

女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~】第1話あらすじネタバレ感想まとめ

カノン
カノン

それではまとめます!

この記事では『「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」第1話のあらすじとネタバレ感想!学生達に教える法律より大切な教えとは??』と題して、お送りいたしました!

両極にいる柊木と藍井。特に藍井はインパクトありすぎですよ~。人間味のある柊木の登場で、だんだん変わっていくのかなぁと思えますね。

ロースクールの生徒たちも藍井病に感染しているようで、効率第一主義の冷たいオーラが漂っていましたね。ただ一人、桐矢がいい感じでした。とはいうものの、今回の模擬裁判の案件を調べて行くうちに桐矢、水沢、天野の3人が変化を遂げて行く様子がとっても印象的です。

そして最後には模擬裁判で無罪を勝ち取った瞬間はスッキリでした。めっちゃ気になったのは、生徒の真中と学院長の守宮の会話シーンです。

真中はだたの1生徒だと思っていましたが、守宮学院長の彼に対する言葉を聞くと、「えっ!どういうこと?」って頭の中は疑問符で占領されてしまいました(^⁠_⁠^;)。田辺先輩の件もショッキングでしたね。

多分、その前にあった藍井との件が引き金になっていたと思われますが、あれは衝撃的です。私だったら魂抜けちゃうかも(^⁠_⁠^;)。

柊木が赴任したことで、ロースクールの人たちがどんどん人間味を取り戻していくというハートウォーミングな展開を期待したいです♪

\女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~を無料動画で楽しむならコチラ!/
今すぐ無料で見逃し配信を見る♪
▲FOD14日間無料視聴できます▲

その他のお話はコチラから見ることができますのでチェックしてみてくださいね♪

カノン
カノン

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

カノン

初めまして、管理人のカノンです。東京都出身、やんちゃ盛りな娘が一人、子育て奮闘中のパート主婦です。好きなものは映画にディズニー、可愛いもの全般、ハンドメイド、写真撮影とアルバム作り。節約と家計資金の為にポイ活もしています。いつか家族と世界旅行に行くことが夢です。

カノンをフォローする
タイトルとURLをコピーしました