Crown X Clown

withコロナで海外旅行に行く前に確認すべきことは?人気観光地はどう変わった??

【アイキャッチ】withコロナで海外旅行に行く前に確認すべきことは?人気観光地はどう変わった??
カノン
カノン

こんにちわ!
管理人のカノンです♪

世の中がコロナ禍になり早2年半。身近だったはずの海外旅行は私たちにとってかつてよりも縁遠いものになってしまいました。
渡航先の入国条件が厳しかったり、日本への入国者数制限や帰国前のPCR検査があったりとハードルはなかなか下がらず二の足を踏んでいた方も多いのではないでしょうか。
しかし、今年9月から続々と制限が解除されており、今や条件を満たせばコロナ前と同じように海外旅行に行けてしまうのです!
今回はそんな「withコロナ」「アフターコロナ」の海外旅行についてご案内します!

withコロナの今、外国に入国するためには?

これはもちろん国によって様々ですが、ヨーロッパ諸国、例えばイギリスやフランス、イタリア、ドイツなどは既に全ての入国条件を撤廃し、自由に入国できるようになっています!

一部、スペインなどでワクチン接種証明書や陰性証明書、治癒証明書の提示が求められる国もありますが、各国内でのマスクの着用もほとんど撤廃され、街中は活気に溢れています。

一方でアジア諸国はまだまだ制限を設けている国もあり、中国は完全に観光入国不可、香港もワクチン接種証明書と陰性証明書の両方が必要と、まだまだ厳しい条件が設けられています。

人気の観光地であるハワイやグアムを含むアメリカでも、ワクチンの接種証明書が必要とされています。

withコロナの今、日本に帰国するためには?

少し前までは海外からの観光客と日本人の帰国者など、合わせて50000人が上限とされていましたが、2022年10月11日より上限が撤廃されました!

これにより、各航空会社側での座席の販売制限等も解除され、航空券も取りやすくなりました!

肝心の帰国条件ですが、基本的には「ワクチンを3回以上接種していれば、無条件で帰国OK」です!ワクチンの接種回数が3回未満の方は、渡航先でPCR検査を受ける必要があります。

少し前に「帰国難民」という呼び方で報道されていたのは、この帰国前のPCR検査で陽性となってしまった方ですね。こうなってしまうと、再度PCR検査を受けて陰性になる前帰国便に搭乗できないため、ホテルの延泊や帰国便の日付変更の手続きを行う必要があります。

ワクチンの接種証明書は、お住まいの市区町村へ申請して取得するか、マイナンバーカードを持っている方はアプリでも取得が可能です!

withコロナ人気観光地の今

続いては海外旅行で人気の観光地、ハワイ・ソウル・パリの2022年10月の観光状況をお伝えします!

ハワイ

現在は病院など一部の施設内を除いてマスクの着用義務は解除されています。

そのため屋内外問わずマスクを着用していない方が多いですが、付けている方も散見されるため気になる方はしても目立つことはありません。

活気に溢れるワイキキビーチ<引用元:YouTube JALPAK Hawaii

ソウル

ついに11月から本格的にビザが免除になりましたね!出発前や入国後に求められていたPCR検査の院生証明書ももう要りません!9月末から屋外でのマスク着用義務は全面的に解除されたものの、まだまだマスクを着用している人の姿が目立つようです。

news1(ソウル)

人通りの戻ってきた明洞の大通り

<引用元:news1

パリ

フランスでは他国に先立つ形で2022年5月には既に屋内や地下鉄を含むほとんどの場所でマスクの着用義務が解除されています。

そのため、マスクなしの生活が再定着しているようです。

夜でも人通りの絶えないムーラン・ルージュ<引用元:旅ポケットby旅工房>

夜でも人通りの絶えないムーラン・ルージュ

<引用元:旅ポケットby旅工房

海外旅行前に確認するべきこと

1.渡航条件を確認する!

冒頭でも触れた通り、現在多くの国では渡航規制の解除が始まっていますが、まだまだ事前準備の必要な国もたくさん残っています。出発当日、空港での「まさか!」をなくすためにも事前準備は入念に行いましょう。

旅行会社等の渡航条件もまとめたサイトが便利です。

2.現地情報を確認する!

約2年半のコロナ禍で、多くのお店が閉店や時短営業、完全予約制での営業などを強いられております。お目当てのお店に行ってみたら無くなっていた、入れなかったとなればこんなに悲しいことはありません!必ず公式のホームページ等で確認をしてから出発しましょう。

また、観光地においても事前予約が必要になった施設が多くあります。現地での時間を有効に活用するためにも、極力予約をしてから出発するのがおすすめです。

3.海外旅行保険に加入する!

こちらも冒頭で少し触れましたが、万が一現地でコロナにかかってしまった場合、国によっては5〜7日間のホテル隔離等が求められます。その場合、当然ホテルの延泊代金や飛行機の変更代金がかかります。

しかし、保険に入っていれば心配ご無用!通院費はもちろん、そういった諸費用も全てカバーしてくれる保険もあります。必ず保証内容を確認してから加入してくださいね。

海外旅行の保険にまだの方は、エポスカードがおススメです!

エポスカードなら普段のお買い物はもちろん、海外でのカード使用や海外旅行傷害保険付帯が付いていてとっても便利です♪

4.楽しむ心を忘れない!

これが1番大切です!もしかしたらあなたの周りには「こんな時代に海外旅行なんて」という考え方の人もいるかもしれません。

でもあなたの旅行、あなたの人生です!行くからには心配しすぎたり気にしすぎたりせず、目一杯楽しんで満喫して帰国してくださいね♪

まとめ

カノン
カノン

ではまとめます!

今回は『withコロナで海外旅行に行く前に確認すべきことは?人気観光地はどう変わった??』と題して、お送りいたしました!

いかがでしたか?ほんの少し、海外旅行が身近になったでしょうか?

ぜひ、参考にしてくださいね♪

※上記の情報は全て2022年10月21日現在のものです。必ず最新情報を確認してお手続き、ご出発ください。

カノン
カノン

最後までお読みいただきありがとうございました♪

コメント

カノン

初めまして、管理人のカノンです。東京都出身、やんちゃ盛りな娘が一人、子育て奮闘中のパート主婦です。好きなものは映画にディズニー、可愛いもの全般、ハンドメイド、写真撮影とアルバム作り。節約と家計資金の為にポイ活もしています。いつか家族と世界旅行に行くことが夢です。

カノンをフォローする
タイトルとURLをコピーしました