Crown X Clown

大反響ドラマ「silent」の魅力5選!Twitter世界トレンド1位TVer民放歴代最高記録人気の理由とは?

【アイキャッチ】大反響ドラマ「silent」の魅力5選
カノン
カノン

どうもこんにちわ!
管理人のカノンです!

2022年10月6日にスタートしたフジテレビ木10ドラマ「silent」。
初回放送のTVerでの見逃し配信が、民放歴代放送記録を塗り替えトップに輝き、TVerでのお気に入り登録者数は200万人越え。
Twitterでは3週連続世界トレンド1位にランクイン、SNSのフォロワー数も合わせて150万人越えするなど、大変支持されている作品になっています。
このドラマは、主人公の紬(川口春奈)が、本気で愛するも別れることになってしまった高校時代の恋人・想(目黒蓮)と8年の時を経て偶然の再会をはたし、そこに待ち受けていた現実と向き合いながらも寄り添い、乗り越えていこうとする姿を丁寧に描いていくラブストーリーです。
今回は秋ドラマ注目度NO.1、「silent」の魅力に迫ります!

「silent」ってどんなドラマ?


出典<公式インスタグラム

主演は、川口春奈。脚本は新人脚本家、生方美久。プロデュースは「信長協奏曲」「約束のネバーランド」などの人気作品をプロデュースした村瀬健。

キャストは目黒蓮(Snow Man)、鈴鹿央士、風間俊介、篠原涼子、夏帆、桜田ひより、板垣李光人、他。

第1話「本気で愛した彼は音のない世界で生きていた」


出典<公式インスタグラム

主人公の青羽紬(あおば・つむぎ/川口春奈)は8年前に、一生をかけて愛したいと思えた恋人との別れを経験し、新たな人生を歩もうと前を向いて生きている一人の女性。
そんな紬と大切な人との出会いは高校2年の秋、たまたま朝礼で耳にしたある男子生徒の声に惹(ひ)かれたことがきっかけでした。壇上で作文を読む、佐倉想(さくら・そう/目黒蓮)に心を奪われた紬は、次第に彼が気になる存在になっていることに気づきます。3年生で同じクラスとなり、共通の友人を通してだんだんと距離が縮まっていった二人は付き合うことに。
音楽好きというお互いの趣味で通じ合い、仲を深めていった二人でしたが、卒業後のある日、これからも一緒にいたいと思う紬に対し、想は突然、理由も言わずに別れを告げて姿を消してしまいます。
それから8年という月日が流れ、新たな人生を歩み始めていた紬でしたが、ある日、偶然、雑踏の中に想の姿を見かけたことをきっかけに、再び彼の存在を意識するようになっていきます。
もう一度、想に会ってちゃんと話をしたいと彼の姿を探し始めた紬でしたが、実は彼が徐々に耳が聞こえにくくなる“若年発症型両側性感音難聴”を患い、聴力をほとんど失っていたという思いがけない現実を知ることになって…。

完全オリジナルとなる本作は、主人公の紬が、本気で愛するも別れることになってしまった高校時代の恋人・想と8年の時を経て偶然の再会をはたし、そこに待ち受けていた現実と向き合いながらも寄り添い、乗り越えていこうとする姿を丁寧に描いていくラブストーリー。
大切な人との別れを乗り越え、今を生きようとしている女性と、障がいを患ってしまったことで自分と向き合えず別れを選んでしまった青年。音のない世界でもう一度“出会い直す”ことになった二人と、それを取り巻く人々が織り成す、せつなくも温かい物語が紡がれていきます―。
引用元<フジテレビ:silent公式

※ここから先はネタバレを含みます。

〜silentの魅力その1〜【映像と言葉の美しさ】

映像編

第1話では多くの方が映像の美しさを評価していました。

夏の撮影にも関わらず、冬の澄み切った寒さを感じるような映像に引き込まれました。

言葉編

同時に言葉の美しさも評価されています。

高校時代の回想シーンで、想が体育館でスピーチした題名も「言葉」でした。

脚本も、「言葉」を意識をして作られていることがわかります。

まるで小説を読んでいるような言葉の美しさがあったと、丁寧なセリフの「言葉」も多くの方に評価されています。

中でも、第1話で紬が言った

「学校とはすごい場所だった。嫌でも週5でいく場所で、嫌でも週5で好きな人に会える場所だった。」

というセリフは多くの人の胸に残った言葉ですね。

他にも

「好きだった人。」「昔好きだった人です。」

『元カレ』とは表現せずに、『好きだった人。』と表現するところも視聴者からの共感を得ているようです。

〜silentの魅力その2〜【対比の表現】

Twitterでも話題になった、様々な対比の表現。

観ていた方はお気づきでしたでしょうか?

中でも話題となった「うるさい」の対比。

冒頭のシーンにあった、想が紬に言った、最初の「うるさい」。好きな人に向ける愛おしさが詰まった「うるさい」

最後のシーンで想が手話で必死に伝えた「うるさい」。好きだった人に向ける決別を決意した強い意志が現れる「うるさい」

同じ言葉なのに、「こんなに切ないことある!?涙腺崩壊。」とSNSでも話題になっていました。

1話の中で、「うるさい」と表現するシーンが、3回ありました。

上記の2つのシーンと、高校時代の回想シーンから8年後の現在に切り替わるシーン。

外の雨の音で目を覚ます紬。「うるさい」と一言呟くシーン。

今後も「うるさい」というワードはストーリーの中に出てくるキーワードになってくるでしょう。

〜silentの魅力その3〜【張り巡らされる伏線】

お互いにプレゼントし合ったイヤフォン。紬のイヤフォンの音が聞こえなくなったのが、3年前

そして想の耳が聞こえなくなったのも、3年前

これは紬に対する何らかのメッセージとも取れる伏線

ラストのシーンで想が必死に伝える手話でのメッセージの中でこの伏線は回収されることになりますが、何度か観てるうちに気づきました。

このような、実際にセリフの中に正解があるわけではなく、視聴者が観ているうちに「あれ?これってもしかして?」と気づくことが出来るのも、このドラマの良さであり、脚本、演出が評価されるところだと思います。

「うるさい」の言葉も伏線だったようですね。
伏線を回収すると共に溢れ出てくる切なさ。つい感情移入してしまいますよね。
私も号泣してしまいました。。

〜silentの魅力その4〜【脚本・演出の素晴らしさ】

見事な対比の表現や、散りばめられる伏線が話題のsilent。

視聴者からは脚本と演出の素晴らしさも大変評価されています。

脚本について

演出について

手の込んだ脚本と演出。silentが人気の理由の根本は此処にあり。と言っても過言ではないですね。

そして私がのちに知った、一番驚いた演出が最後のこちらのシーン。

ある日、想の母(篠原涼子)が、想の部屋を片付けている際に、ベットの下にしまい込んである1つの段ボール。中を開けるとしまいこまれた、大好きで聞き込まれたであろうたくさんのCD達。

そこに映り込んでいる、ケースが割れている1つのCD。それは、backnumberの「ラブストーリー」というアルバムでした。

そのアルバムの中には「世田谷ラブストーリー」という楽曲が入っています。

なんとその「世田谷ラブストーリー」は8年前の2014年3月26日発売。ちょうど想の耳の病気が発覚した時期でした!

そして、8年後に想の母によって段ボールから顔を出し、想と紬が『世田谷』で再会。

偶然?とは言えないであろう、作り込まれた演出に、鳥肌が立ちました。

 〜silentの魅力その5〜【演者の引き込まれる表現力】

「切ない」「胸が苦しい」「バスタオル必須」とハマる人が続出のこのドラマ。

出演する演者の表現力も注目されています。

特に話題となったのは、最後の紬と想が再会するシーンでの、想を演じるSnow Man 目黒蓮さんの演技。

8年間塞ぎ込んでいた想の感情が爆発するシーン。

そして、飲み込めない現状に困惑する紬演じる川口春奈さんの演技。

想は紬が手話を理解できないとわかっていながらも、8年間、塞ぎ込んでいた感情が溢れ出るかのように手話で紬に気持ちを伝えます。

「わからないだろ?」「だからもう俺たち話せないんだよ?」と泣きながら想の8年分の想いを表現するこのシーンに涙腺崩壊した方も多かったのではないでしょうか?

私は号泣でした。

silentの魅力まとめ・感想

1話だけでも、これだけの魅力が詰まったこの作品。

実際に、SNSのフォロワー数や、動画配信サイトでの記録を更新してる実績を見ると、皆さんの記憶に残る作品になること間違いなしですね!

silentの魅力をまとめると

・言葉と映像の美しさ
・対比の表現
・散りばめられる伏線
・脚本、演出の素晴らしさ(視聴者の考察で発見される背景)
・演者の引き込まれる表現力

ここから先は、フジテレビ公式サイトに寄せられた視聴者の感想となります。
視聴者の感想(公式HPより)>

胸が苦しすぎました。

手話で紬ちゃんに精一杯伝えてる想くん。でも手話がわからない人には全く伝わらないもどかしさ、わかりたいのに分かり合えない。切なくて苦しくて胸がはち切れそうです。これからの2人がほんとに楽しみです。(会社員、20代、女性)

今まで考えたことなかった。

silent1話見ました。振り返ると音の無い世界というものを自分で想像したことが一度もなかった好きな音楽が聴けない、好きな声が聞けない、電話ができない、人との会話のハードルが高くなって、人を遠ざけてしまうとか、いろんなことたくさん考えた。自分が思っているより100倍難しくて静かで寂しいと思ってしまうそんな静かな世界で生きてても、優しさや暖かさや楽しさは伝わるはずだから自分だったらそれをどう伝えようか、ドラマを通して考えて答えが見つかったらいいなあ、この後のドラマがどういう風に動いて行くのか気になります。(会社員、20代、女性)

涙でした。

1話放送楽しみでした。ほんと、紬ちゃん、想くん、みなとくんの3人の気持ちがよくわかります。私も手話通訳をしているので、目黒くんの手話痛い程伝わってきます。このドラマを通じて、手話に興味を持つ人が増えてくれることを期待しつつ…風間くんの言っていたセリフも、またわかる…!あら、4人の気持ちがわかってしまい。号泣でした。最終回まで、楽しみに見続けたいと思います。(その他職業、女性、40代)

「silent」の魅力5選まとめ・おまけ

カノン
カノン

それではまとめです!

今回は『大反響ドラマ「silent」の魅力5選!Twitter世界トレンド1位TVer民放歴代最高記録人気の理由とは?』と題してお送りしました!

1話だけでも、これだけの魅力が詰まったこの作品。

実際に、SNSのフォロワー数や、動画配信サイトでの記録を更新してる実績を見ると、皆さんの記憶に残る作品になること間違いなしですね!

silentの魅力をまとめると・言葉と映像の美しさ・対比の表現・散りばめられる伏線・脚本、演出の素晴らしさ(視聴者の考察で発見される背景)・演者の引き込まれる表現力

今後もドラマ、silentから目が離せませんね!

バスタオルを片手に、木曜夜22時はテレビの前で待機が、木曜日の習慣になりそうです!(笑)

最後に、私が個人的に好きなシーンをご紹介!

それは、告白のシーンです。

いつものように、イヤフォンをして音楽を聴く想。
紬は何かを決意したかのように、想の元に走って駆け寄っていき、
「好きです。付き合ってください!」と告白。
イヤフォンを外しながら「ん?」と聞こえていないふりをする想。
紬は思い切って告白したものの、聞こえていなかったんだ。と認識し、咄嗟に「何、聴いてんの?って言ったの。」と焦った様子で誤魔化す。

想「ああ、スピッツ」
紬「おぉ、スピッツ。スピッツは知ってる。本当に知ってる。本当に好き。」
想「うん、好き。」
紬「あれ好き、ハチクロのやつ。」
想「うん。俺も好き。」

このシーン、想は紬の告白、確実に聞こえていましたよね?

聞こえなかったフリをして、まるで音楽について話しているように「好き」と語るこの言葉は、紬に向けての「好き」「俺も好き」だと思って観ていました。

思い出の橋の上でのこの胸きゅんシーン。ドキドキした方も多かったのでは?

その後に、想から正式に告白して付き合うことになるシーンもよかったですね!

お互いに、「うん。・・・(沈黙)」
想「青羽。」
紬「ん?」
想「好き、付き合って。」
紬「ん?」と聞き返す。
想「すーき!付き合って!」

想が聞こえないフリをしたのは、「自分から告白する為では?」とSNSでは話題になっていました。

綺麗な青春時代の演出に心を掴まれたシーンでした!

カノン
カノン

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

コメント

カノン

初めまして、管理人のカノンです。東京都出身、やんちゃ盛りな娘が一人、子育て奮闘中のパート主婦です。好きなものは映画にディズニー、可愛いもの全般、ハンドメイド、写真撮影とアルバム作り。節約と家計資金の為にポイ活もしています。いつか家族と世界旅行に行くことが夢です。

カノンをフォローする
タイトルとURLをコピーしました