Crown X Clown

「PICU小児救急治療室」第4話のあらすじとネタバレ感想!ウイルス感染で重症化7カ月の赤ちゃんと学生ママは!?

【アイキャッチ】PICU小児救急治療室第4話あらすじネタバレ感想
カノン
カノン

こんにちわ!

管理人のカノンです♪

 

2022年10月10日から放送が始まった、吉沢亮さんが初主演を務める月9ドラマ!連ドラでは初の“子どものICU”が舞台の医療ドラマです。主人公は、生まれも育ちも北海道の不器用で純朴な”どさんこドクター”!このドラマは、「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われている北海道を舞台に、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子供でも受け入れられるPICUを作るために奮闘する感涙必死のメディカル・ヒューマンドラマです。
今回は、PICUに運ばれてきた生後7日の赤ちゃんをめぐり、武四郎と綿貫が対立します。
この赤ちゃん、そして綿貫が抱えている裁判を通して、2人が成長&分かり合うお話です!

\PICU小児救急治療室を無料動画で楽しむならコチラ!/
今すぐ無料で見逃し配信を見る♪
▲FOD14日間無料視聴できます▲

【PICU小児救急治療室】第3話あらすじネタバレ


出典<公式インスタグラム

出典<公式YouTubeより>

“しこちゃん先生”こと志子田武四郎(吉沢亮)は、PICUの科長・植野元(安田顕)や先輩医師の綿貫りさ(木村文乃)らとともに、一般病棟に移ることになった佐渡理玖(中村羽叶)くんを見送る。
交通事故に遭いPICUで治療を受けていた杉本淳之介(松野晃士)くんは、「お友だちがいなくなった」と寂しそうだった。
するとその時、PICUにRSウィルスに感染し重症化した生後7日の赤ちゃんが運び込まれる。実はこの赤ちゃんは、乳児院の子だった。
赤ちゃんの母親は20歳の大学生だったが、両親からの反対を受け、生まれてすぐに乳児院へ預けられたのだという。
それ故、まだ出生届も出されておらず、名前すらなかった。植野は、綿貫に武四郎と組んで、この赤ちゃんを担当するよう指示する。
だが、「自分一人で十分です」と答える綿貫。後輩の育成も仕事のうちだと植野になだめられた綿貫は、渋々、武四郎と組むことになるが……。
引用元<TBS:PICU小児救急治療室公式

『PICU』第4話では、まだ生後7日という赤ちゃんがPICUに運ばれてきます。

RSウィルスに感染して重症化、その上、乳児院の子で、まだ名前すらありません。

この件で、武四郎(吉沢亮)と綿貫(木村文乃)の意見が対立します。

赤ちゃんのお母さんの決断は?

武四郎と綿貫の意見のぶつかり合いは?

そして、綿貫の裁判の行方は?

明らかになる綿貫の過去とは・・・

※ここから先はネタバレ有のあらすじです!

まだ生後7日の赤ちゃんが

PICUに赤ちゃんが搬送されて来ます。まだ生後7日。出生届けも出されていませんでした。PICUメンバーは、治療の方針を決めようとします。母親の許可を得るため連絡をとろうとしますが、この赤ちゃんは乳児院の子供なのでした。

植野(安田顕)はこの赤ちゃんを武四郎(吉沢亮)綿貫(木村文乃)に担当させることに。綿貫は自分一人で大丈夫というものの、植野が2人でするようにと指示します。

治療方針を決めることが先決と思う武四郎は、赤ちゃんの母親に電話します。しかし、武四郎の思いとは裏腹の結果しか得られませんでした。そんな武四郎の様子を見ていた綿貫はきちんと面と向かって話をするようにとアドバイス。

武四郎は赤ちゃんのことを思って

ある日、武四郎のところに赤ちゃんの母親から電話が来ます。しかし、武四郎が期待していたものと違っていました。「電話をしてこないで!母親になんかなれない」と。

ショックを受けた武四郎は同期の河本(菅野莉央)と、この件について話をします。もしこのまま、赤ちゃんが亡くなってしまうかと思うと胸の内が苦しい武四郎でした。

夜、この赤ちゃんの様態が急変します。一命をとりとめるものの、やはりお母さんに来てもらった方が良いと伝える武四郎。しかし、母親は来たくないと言っているのでした。赤ちゃんの姿を見れば、母親の気持ちが変わると武四郎は思っていましたが・・・。

そして武四郎はいてもいられずに翌日にはお母さんに再度電話。返って来た言葉はやはり、今までと同じ「ごめんなさい」でした。しかし、武四郎はあることに気づきました。

母親の電話には飛行機の音があったのです。この病院に来ていると直感し、外に走る武四郎。するとそこには母親がいました。

待合室で話をする2人。「親には言わないでください」と前置きして、赤ちゃんが生まれるまでの状況を話す母親・深田(中田愛乃)。顔を覆い、泣いてしまうのでした。

消えてしまうのか!?綿貫

植野のもとに来た武四郎は、深田と話したこと、そしてアプローチを変えようと自分の意見を伝えます。すると、植野は外に武四郎を誘い、深田の状況を伝えます。何と、深田の両親が(武四郎の行動に対して)訴えると言っているのです。

これを聞き、一気に落ち込み、患者に関わることが怖くなる武四郎。綿貫に(このような状況を招いた)自分の浅はかさを謝罪します。

その夜、赤ちゃんを看ている植野のもとに綿貫が現れます。「お話があります」と。綿貫は、赤ちゃんの担当を外れることはおろか、PICUを辞める腹積もりでした。

一方、武四郎は、赤ちゃんのために何かできないかと考え、母親と赤ちゃんが触れ合う機会を持つように植野に提案します。

あきらめずに何とかしようとする武四郎。そこに綿貫がやって来て、赤ちゃんの担当を外れる話をします。そして2人は意見をぶつけるのでした。

綿貫の裁判

淳之介(松野晃士)の手術の日、午後から裁判に出廷する綿貫。裁判が始まります。植野は武四郎を裁判所に連れて来ます。綿貫のことが分かっていない武四郎に、彼女のことをしっかりと分かって欲しかったのです。

裁判では、ここに至るまでの経緯が展開されます。綿貫は、実は娘を亡くしていたのです。そして、この件でもはや綿貫は母親になることができなくなってしまったのです。

裁判後、植野と武四郎は綿貫を待っていました。3人で帰ろうとすると、彼らの横を裁判の相手・札幌共立大学病院・救急科科長である渡辺(野間口徹)と大学病院側の弁護士がすれ違います。

いったんは通り過ぎますが、武四郎は我慢できずに渡辺と、大学病院側の弁護士の前に!そして弁護士に武四郎はかみつくのでした。「お金と子供のことを結びつけるな!綿貫先生に謝れ」と。「もういいから」と武四郎を止める綿貫。

裁判所を出ると今成(甲本雅裕)羽生(高梨臨)も来ていました。そのまま居酒屋に。綿貫の事情を知った武四郎、そして武四郎の気持ちを知った綿貫、両者は雪解けを迎えます。

綿貫は母親からのアプローチ、武四郎は子供からのアプローチ、視点は違うもののお互いの溝が埋まったのです。泣き崩れる綿貫。そんな彼女に「戻ってきてよ」と植野が優しく伝えます。

明るさが広がる

スタッフルームで武四郎と綿貫が2人。武四郎は、自分では(深田を)説得できないが、「綿貫先生なら」と、綿貫に電話するようにお願いします。そして綿貫は受話器を取ります。

翌日、深田がやってきて、赤ちゃんに話しかけます。「蒼」、これが赤ちゃんの名前でした。生まれる前から決めていたのです。「遅れてごめんね」と赤ちゃんに謝る深田。

そんな彼女にそっと寄り添う綿貫。「これからお母さんになるんですから、ゆっくりお母さんになってください」と優しく諭すのでした。

廊下に出て、感謝、そして、いろいろと無神経なことを言ったと武四郎は綿貫に謝罪します。綿貫も自分の武四郎に対する態度を謝罪します。

そこに植野がやって来て、(深田の両親からの)訴えは取り消されたことを伝えます。その後、綿貫の気遣い、優しさが目に見えて分かるPICUのメンバー。

搬送されてきた人物は・・・

桃子(生田絵梨花)が丘珠病院の産婦人科に。彼女は悠太(高杉真宙)を札幌で見かけたと話していました。それを聞いた武四郎は悠太に電話をかけるもつながらず。

すると緊急でストレッチャーで運ばれてくる人物が!その人物を見た武四郎は驚愕します。その人物とは、悠太だったのです。

次回第5話に続きます!

【PICU小児救急治療室】第4話の感想・口コミ・評価まとめ


出典<公式インスタグラム

ここでは「PICU」第4話を実際に視聴した方の感想をご紹介していきます!

綿貫先生の裁判内容、すごかったですね~。全容が明らかになると、涙が出てしまいますね。

とうとうその時が来た!って感じです。私もそうですが、視聴者のみなさんも続きが気になりまくりだったのでは?

【PICU小児救急治療室】第5話の内容と今後の展開は?

出典<公式YouTubeより>

“しこちゃん先生”こと志子田武四郎(吉沢亮)が勤務する丘珠病院に、親友の矢野悠太(高杉真宙)が救急搬送されてきた。
ただちに悠太の処置に当たる救命医の東上宗介(中尾明慶)
PICU科長の植野元(安田顕)も東上のヘルプに入る。武四郎は、突然のことに激しいショックを受けながらも、PICUの仕事に取り組もうとする。
そんな折、植野は、新たに10歳の立花日菜(小吹奈合緖)ちゃんと、12歳の小松圭吾(柊木陽太)くんをPICUで受け入れると綿貫りさ(木村文乃)や武四郎たちスタッフに伝える。
日菜ちゃんは、急性リンパ性白血病で7歳のころから丘珠病院の小児科を受診しており、武四郎も研修医のころからよく知っている女の子だった。
日菜ちゃんは先月から化学療法で寛解を目指して治療していたが、副作用で白血球が急激に減少していた。
引用元<TBS:PICU小児救急治療室公式

緊急搬送されて来た悠太の姿にショックを受ける武四郎。そんな中でも、急患が!

武四郎も研修医のころから知っている日菜(小吹奈合緒)、そして地元では治療が難しくなった圭吾(柊木陽太)です。

PICUは今回も子供たちを救えるのか?

そして、悠太は?
とうとうドクタージェットの運用開始に!

【PICU小児救急治療室】第4話あらすじネタバレ感想まとめ

カノン
カノン

それではまとめます!

この記事では『「PICU小児救急治療室」第4話のあらすじとネタバレ感想!ウイルス感染で重症化7カ月の赤ちゃんと学生ママは!?』と題して、お送りいたしました!

綿貫の裁判で明らかにされる彼女の過去には心に刺さるものがありましたね。あまりにも辛い。

彼女を演じていた木村文乃さんの演技の上手さ驚きました。自分が思っていた以上だったので。

しかし、個人的には最もグイっと心に刺さったのは、裁判後のシーンです!

閉廷後、綿貫たちの横をすれ違う、札幌共立大学病院・救急科科長の渡辺と大学病院側の弁護士。いったんは通り過ぎますが、武四郎が我慢できずに彼らの前に行き、ガツンと思いのたけをぶつける場面はめちゃめちゃ刺さります。

見逃すのはもったいない!録画しておいたので、また見たいシーンです。

また、引っ張りに引っ張った悠太の件がとうとうって感じです。まさか亡くなるなんてことはないと思いますが・・・いや、もしかしたら・・・

気になってしかたありません。みなさんはどうですか?

\PICU小児救急治療室を無料動画で楽しむならコチラ!/
今すぐ無料で見逃し配信を見る♪
▲FOD14日間無料視聴できます▲

カノン
カノン

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

カノン

初めまして、管理人のカノンです。東京都出身、やんちゃ盛りな娘が一人、子育て奮闘中のパート主婦です。好きなものは映画にディズニー、可愛いもの全般、ハンドメイド、写真撮影とアルバム作り。節約と家計資金の為にポイ活もしています。いつか家族と世界旅行に行くことが夢です。

カノンをフォローする
タイトルとURLをコピーしました