Crown X Clown

日曜劇場「下剋上球児」第8話あらすじとネタバレ感想!アクシデントと因縁の師弟対決はどうなる?

【アイキャッチ】下剋上球児第8話のあらすじとネタバレ感想
カノン
カノン

こんにちわ!

管理人のカノンです♪

 

2023年10月15日(日)放送開始の日曜劇場『下剋上球児』。演技派俳優で知られる鈴木亮平演じる訳あり先生と球児たちが目指すは甲子園!!弱小高校野球部が先生と高校野球を通して様々な愛を描く新たな下剋上ストーリー。
早速気になる第8話のあらすじネタバレ感想をお送りします♪

日曜劇場【下剋上球児】第8話あらすじネタバレ

出典<公式インスタグラム

出典<TBS公式YouTube

南雲(鈴木亮平)が監督に復帰して1年。越山高校野球部は“日本一の下剋上”を目指し、夏の大会で34年ぶりにベスト8に進出していた。地元の後押しを受けて準々決勝も突破した部員たちだったが、どこか緊張感を欠いており、南雲と山住(黒木華)は不安な思いを抱えていた。
迎える準決勝で対するは賀門(松平健)率いる強豪・星葉高校。南雲にとっては教員免許の一件以来決別した賀門との師弟対決。甲子園出場へ重要な一戦の先発に、南雲はエースの翔(中沢元紀)か、成長著しい根室(兵頭功海)にするかで頭を悩ませていた。
そんな中、練習中に山住に打球が直撃するアクシデントが起こる。動揺する部員に、山住は「南雲にはこのことを言わないように」と釘をさすが・・・。
引用元<TBS:下剋上球児公式

※ここから先はネタバレ有のあらすじです!

準備中

準備中

日曜劇場【下剋上球児】第8話の感想・口コミ・評価まとめ

出典<公式インスタグラム

続いては「下剋上球児」第8話を実際に視聴した方の感想をご紹介していきます!

準備中

日曜劇場【下剋上球児】第9話の内容と今後の展開は?

出典<TBS公式YouTube

いよいよ運命の準決勝の日がやってきた。エース・翔(中沢元紀)を控えに回し、根室(兵頭功海)を先発で起用するという南雲(鈴木亮平)の判断に戸惑いながらも、負けられない戦いへ向けて静かに覚悟を決める部員たち。しかしそんな中、山住(黒木華)が脇腹の痛みを悪化させ、病院へと運ばれてしまう。
そして始まった試合では、賀門(松平健)率いる星葉高校もこれまでとは違う布陣で挑んでくることに。想定外の出来事の連続にミスを連発する越山高校。焦る部員たちを前に南雲が打つ手とは? 越山高校は決勝へ進むことができるのか!?
そんな中、何やら重大な懸念を抱えている様子の丹羽(小泉孝太郎)は、犬塚(小日向文世)たちにある相談を持ちかけていた。
引用元<TBS:下剋上球児公式

準備中

日曜劇場【下剋上球児】第8話あらすじネタバレ感想まとめ

カノン
カノン

それではまとめま~す!

この記事では『日曜劇場「下剋上球児」」第8話のあらすじとネタバレ感想!アクシデントと因縁の師弟対決はどうなる?』と題して、お送りいたしました!

他のお話のあらすじや見逃し動画を無料で見る方法はコチラから見ることができますのでチェックしてみてくださいね♪

カノン
カノン

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

カノン

初めまして、管理人のカノンです。東京都出身、やんちゃ盛りな娘が一人、子育て奮闘中のパート主婦です。好きなものは映画にディズニー、可愛いもの全般、ハンドメイド、写真撮影とアルバム作り。節約と家計資金の為にポイ活もしています。いつか家族と世界旅行に行くことが夢です。

カノンをフォローする
タイトルとURLをコピーしました