Crown X Clown

【ドラマ】「石子と羽男」第2話のあらすじとネタバレ感想!

【アイキャッチ】「石子と羽男」第2話あらすじとネタバレ感想
カノン
カノン

こんにちわ!
管理人のカノンです♪

有村架純さんと中村倫也さんのW主演で大注目ドラマ「石子と羽男」の第2話が2022年7月22日に放送されました!
このドラマは石のように頑固で真面目な「石子」と、羽の様に軽やかな男の「羽男」の二人が、身近に起こる珍トラブルを解決していくリーガル・エンターテイメントドラマです!
今回は子供のゲーム課金による高額請求のトラブル案件のお話、ドラマ第2話のあらすじとネタバレを含む感想をお送りしていきます!

見逃した方はこちらから全話見ることが出来ますので、参考にしてくださいね!

【ドラマ】「石子と羽男」の見逃し動画を無料で見る方法は?第1話から最終話までのあらすじまとめ!
2022年7月15日からTBSで放送されているドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』。 こちらの記事では、ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』の見逃し動画を無料で見ることができる動画配信サイトや無料動画サイトを調査してまとめていきます! 第1話から最終話までのあらすじもまとめて行きますので、見逃した回のストーリーもあわせてチェックしてくださいね♪

【石子と羽男】第2話あらすじ

出典<公式YouTubeより>

出典<公式インスタグラムinhiko.to.haneo

大型ショッピングモールで無料法律相談会を開いていた石子(有村架純)と羽男(中村倫也)のもとに、1組の親子がやってきます。
母・相田瑛子(木村佳乃)は、小学生の息子・孝多(小林優仁)が内緒でスマホゲームに課金して、ゲーム会社から高額請求され困っていた。
返金してもらいたいと相談された羽男らはゲーム運営会社の顧問弁護士を訪ねるが、担当弁護士は羽男の元同僚の丹澤文彦(宮野真守)だった。
羽男は「未成年者取消権」を主張するが、事態は思わぬ方向へ進んでいくことに…!
引用元<TBS:石子と羽男公式

※※ここから先はネタバレ有のあらすじです!

子供のスマホ課金で高額請求

事務所に依頼が全く来ないことから、石子(有村架純)と羽男(中村倫也)は大型ショッピングモールで無料法律相談会を開催します。

真面目に取り組もうとする石子に対し、少し面倒くさそうにしている羽男。

そこに1組の親子が相談にやってきます。

小学6年生の孝多(小林優仁)母親・相田瑛子(木村佳乃)に内緒でスマホゲームに課金し、19万8000円高額請求がきたというのです。

母親から返金してもらいたいという相談を受けた羽男は、請求元のゲーム運営会社の顧問弁護士のもとを訪ねます。

しかし、相手の顧問弁護士はかつての羽男の元同僚の丹澤文彦(宮野真守)だったのです!

丹澤に羽男は民法第5条「未成年者取消権」を主張しますが、受け入れてもらえません。

丹澤の主張はこちら!

  • 対象ユーザーは何度も課金を繰り返している!
  • スマホの名義が母親であるため、孝多が使用したという確証はない!
  • ドロッピングパズル(スマホゲーム)は18歳以上であるかの確認表示があり、それを偽って使用していたことになる

上記の理由から返金することはできず、法廷で決着をつけるしかないと言われてしまいました。

石子と羽男は依頼人である相田親子の元へ向かいます。

依頼人の瑛子はシングルマザーで、息子の孝多と2人暮らし。

瑛子から『孝多がお母さんのために、いい学校にいきたいから中学受験をすることになった』という話を聞きます。

ところが孝多が急に『受験を辞める受験が嫌でゲームを始めた』と言い出しました!

しかし母・瑛子は受験を辞めることは認めないと、親子で意見は分かれてしまいました。

そんな親子の様子を見て羽男と石子の2人は、瑛子は毒親ではないかと話します。

またもや普通の会話から言い合いになり、頭が石より堅いということで”鉄子さん”と言われてしまう石子。

それに負けじと、羽男はSNSで話を盛っていると指摘し、羽男のことを”盛男さん”と呼んでいました。

カノン
カノン

この2人の掛け合いが絶妙で面白かったです(笑)

石子と羽男の2人は相田親子の身辺調査を行うことなり、まず孝多の通う進学塾に聞き込みに行きます。

聞き込みの時に子供たちに大学を聞かれ、羽男は海外の大学だとかっこつけますが、中退したことを話すと途端に子供たちから無視されてしまいます。

東大卒の石子にだけはしっかりと挨拶をする子供たち(笑)

そして石子の聞き込みのかいあって、孝多はゲームを週に2回・月に7回しかプレイしていないことを聞き出します。

高額課金するには余りに少ないプレイタイムに、再び孝多に話を聞きに向かいます。

すると、『本当はゲームは好きじゃないけど、受験を辞めるためにわざと課金した』と孝多は話ました。
石子はこのことをきちんと母親に伝えるべきだと孝多にアドバイス。

アカウントの乗っ取り?

翌日コンビニで買い物をしている石子と羽男、そこに大庭も加わり、羽男の中学受験の話題が出てきます。

羽男は『親のための受験だった』と少し寂しそうに語ります。

同じころ場所は変わって、潮事務所で石子の父・綿郎(さだまさし)と塩崎(おいでやす小田)が石子について話しています。

話題は石子の司法試験について。

石子もそろそろ受かる頃ではないかと塩崎は言いますが、綿郎は司法試験は5回しか受験することが出来ないと話します。

そこへ、再びゲーム会社から請求がきたと慌てて潮法律事務所に来る瑛子。

その請求額は25万4000円
前回の請求が来てからスマホのゲームは出来ないように設定してり、孝多もゲームをしていないと主張。
誰かが、孝多のアカウントを乗っ取り課金した可能性があるのでは?

羽男は、もしアカウントが乗っ取られ課金をされていた場合は電子計算機使用詐欺罪にひっかかり、刑事事件に発展するので警察に連絡をした方がいいとアドバイスします。

石子は調査のため、母・瑛子の職場を見に行きます。

瑛子は孝多を進学塾に通わせるため、不動産屋と飲食店でWワークをしていることが判明。

その姿を見た石子は、瑛子は決して毒親ではないと感じます。

瑛子への印象が変わった石子は、単独で再度塾の子供たちに接触します。

そのことでクレームが羽男の元に入り、石子は羽男から『パラリーガルなんだから自分の指示以外で動かないようにと』と注意されてしまいます。

いったい乗っ取り犯は誰?

雨の中走る石子に大庭は傘を差しだし会話をします。

石子を元気づけようとジョークを言いますが空回りしてしまいます。

しかし、そんな大庭の姿に元気をもらう石子。

一方羽男は、ゲームで遊んでいるようにみえて、実は孝多のキャラとフレンド登録をし乗っ取り犯と接触することに成功します。

アカウント乗っ取り犯は孝多の友人・栄一(横山歩)であることを突き止めます!

栄一の主張はこちら!

  • 塾の帰りに、カンニングしたことをばらされたくなかったら課金するようにとアカウント情報と共に手紙が入っていた!
  • 栄一は誰のアカウントかは知らなかった!

新しい証言から、事務所では栄一がカンニングしたことを知っている人物を探します。

すると大庭が、孝多のアカウントのパスワードが1582(いちごパンツ)だと言い出しました。

そしてこのパスワードを知っている人物は孝多の友人・えみるであると。

えみるは塾で一度、このパスワードを口にしたことがある様子。

犯人との対峙

石子と羽男は犯人を確定するために、塾で一芝居打ちます。

指紋採取のためと塾の講師や子供たちを集めて、ペットボトルを取らせようとしていきます。

塾のスタッフである深瀬がペットボトルを取った瞬間に、そのペットボトルを回収する石子。

栄一に脅迫の手紙を送り、アカウントを乗っ取ったのは塾のスタッフ・深瀬でした。

えみるからパスワードを口にした時のことを聞き出し、『深瀬の前で一度パスワードを口にしたかも』と聞いた石子は、深瀬のことを調べます。

すると以前の職場でも、受験する子供たちの足を引っ張るような事件を起こしていることが判明しました。

深瀬は親から

  • 高校を出たら働け
  • あきらめなさい

と言われながら育ってきました。

深瀬は親ガチャで勝ち組の子供たちに一方的に不満を持っていて、『みんなが恵まれているとわからせたかった』と言い放ちます。

ここで『多くの親は頑張って親をしている、そして期待に応えようと子供たちも同じように頑張って子供をしている!そんな親子関係を当たりだ、はずれだっていうのは何の意味があるのか』と石子が熱弁!

カノン
カノン

この時の回想シーンはなかなか感動的でしたので、気になる方は本編でチェックしてくださいね♪

羽男は警察へ通報し、深瀬は逮捕されます。

深瀬の罪は以下の通り。

  • 栄一に対する強要罪(3年以下の懲役)
  • 孝多のアカウントに無断ログインした不正アクセス禁止法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)
  • クレジットカード不正利用による電子計算機使用詐欺罪(10年以下の懲役)

依頼の結末

石子と羽男は再度、ゲーム会社の弁護士・丹澤の元へ残る19万8700円の返金について出向きます。

石子たちはドロパズの仕様が32日前に変わっていること、そして以前の年齢確認画面の注意書きが小さすぎる事を指摘し返金してもらうことになりました。

この結果を伝えに早速相田家に向かいますが、瑛子は返金を断ることにしたと言います。

理由を聞くと、孝多がわざと課金したことを知り相田家のルールとして罰を与えると。

罰の内容は、課金の半分は孝多のお小遣いから返金し、受験も辞めると言い出す孝多の母・瑛子。

下を向いている孝多に羽男は聞きます。

羽男が調べているときに、スマホの履歴には残っていない通話の記録がありました。

その番号は法律事務所の番号でした。

いかに母親に迷惑をかけずに辞めることができるかを考えていた孝多。

法律事務所で相談をし、スマホで課金しても返金されることはわかっていました。

孝多の塾辞める作戦は受験ノイローゼでゲーム課金をし、塾を辞めるということ。

孝多は、毎日自分のために必死に働き、疲れ切っている母を気遣っての計画だったのです。

真実を知った母・瑛子は『孝多がしたいならやってもいい』と話します。

石子は自分の母親もシングルマザーで子供に諦めさせたくないと言っていたことを話し、母子家庭で受けられる手当一覧を親子に渡します。

これで孝多のスマホ課金の件は一件落着です!

その後事務所では、大庭が綿郎に履歴書の書き方についてレクチャーを受けています。

石子と羽男は天才ポーズについて語り2話は終わりました。

【石子と羽男】第2話感想まとめ

続いては「石子と羽男」第2話を実際に視聴した方の感想をご紹介していきます!

シナリオの面白さは勿論ですが、誰のみにでも起こりうるテーマに思わず自分を重ねて見入ってしまう方が多かったようですね!

私も子供を持つ親の立場として、最近話題になる「毒親」についても考えさせられる内容でした!

子供のもつ可能性を最大限尊重して、一番の応援隊長でいてあげたいと改めて思いました。

個性的なキャストで話題の【石子と羽男】ですが、今回もゲスト俳優に注目が集まていました!

レギュラーキャストに加え次回のゲストは誰が出るのかと、今から視聴者の方々の期待は高まっているようですよ!

まとめ

カノン
カノン

ではまとめます!

 

今回は『「石子と羽男」第2話のあらすじとネタバレ感想!』と題して、お送りいたしました!

石羽コンビのやりとりが、見るたびに面白くなってきますよね!

取り扱うストーリーも、私たち誰にでも身近に起こりそうなことで勉強にもなる内容でした!

今回の第2話のストーリーも、最近の話題でよくありがちな子供がスマホで勝手に課金し、高額請求の一件から親ガチャにまで発展する見応え十分なお話でしたね。

同じ世代の子供を持つ親としてすごく共感できる部分もあり、最後の回想シーンは思わずうるっとしてしまいました。

同じように共感した方が多かったようで、ネットでは絶賛の嵐!

今後のストーリーにますます期待が膨らみます!

見逃した方はこちらから全話見ることが出来ますので、参考にしてくださいね!

【ドラマ】「石子と羽男」の見逃し動画を無料で見る方法は?第1話から最終話までのあらすじまとめ!
2022年7月15日からTBSで放送されているドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』。 こちらの記事では、ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』の見逃し動画を無料で見ることができる動画配信サイトや無料動画サイトを調査してまとめていきます! 第1話から最終話までのあらすじもまとめて行きますので、見逃した回のストーリーもあわせてチェックしてくださいね♪
カノン
カノン

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメント

カノン

初めまして、管理人のカノンです。東京都出身、やんちゃ盛りな娘が一人、子育て奮闘中のパート主婦です。好きなものは映画にディズニー、可愛いもの全般、ハンドメイド、写真撮影とアルバム作り。節約と家計資金の為にポイ活もしています。いつか家族と世界旅行に行くことが夢です。

カノンをフォローする
タイトルとURLをコピーしました