Crown X Clown

「PICU小児救急治療室」第2話のあらすじとネタバレ感想!火傷を負った姉弟に「正しい判断」とは!?

【アイキャッチ】PICU小児救急治療室第2話あらすじネタバレ感想
カノン
カノン

こんにちわ!

管理人のカノンです♪

 

2022年10月10日から放送が始まった、吉沢亮さんが初主演を務める月9ドラマ!連ドラでは初の“子どものICU”が舞台の医療ドラマです。主人公は、生まれも育ちも北海道の不器用で純朴な”どさんこドクター”!このドラマは、「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われている北海道を舞台に、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子供でも受け入れられるPICUを作るために奮闘する感涙必死のメディカル・ヒューマンドラマです。
今回は深刻な人手不足に悩まされているPICUに急患として運び込まれた2人の姉弟のお話です!

\PICU小児救急治療室を無料動画で楽しむならコチラ!/
今すぐ無料で見逃し配信を見る♪
▲FOD14日間無料視聴できます▲

【PICU小児救急治療室】第2話あらすじネタバレ

出典<公式YouTubeより>


出典<公式インスタグラム

丘珠病院のPICUは、解決のめどすら立たない深刻な人手不足問題に直面したままだった。志子田武四郎(吉沢亮)は、何かの役に立てるならと、休日を返上して出勤する。
だが、同僚医師の綿貫りさ(木村文乃)や看護師長の羽生仁子(高梨臨)から「ひとりにカウントできるとは思えない」「ギリギリ半人前かどうか」などと冷たくあしらわれてしまう。
同じころ、PICUの科長・植野元(安田顕)は、「北海道PICU推進に向けた意見交換会」で、参加した北海道内の医師たちに協力を呼びかけていた。
そこにやってきた札幌共立大救急科科長の渡辺純(野間口徹)は、PICUに必要な経験と実力を兼ね備えるほどのスタッフならば手放すはずはない、と植野に告げる。
続けて渡辺は、PICU設置に動いた北海道知事・鮫島立希(菊地凛子)のことに触れ、彼女がやっていることは、次の選挙に向けての票集めでしかない、と言い放つ。
そんな折、丘珠病院に火傷を負った急患2名が救急搬送されてくる。
9歳の姉・佐渡莉子(田中乃愛)は軽傷のようだったが、6歳の弟・理玖(中村羽叶)は右肩全体に重度の火傷を負っていた。植野は、救命医の東上宗介(中尾明慶)や麻酔科医の今成良平(甲本雅裕)らの協力を得て理玖の治療を開始。
武四郎には、姉弟の母・京子(紺野まひる)と莉子についているよう指示するが……。
引用元<TBS:PICU小児救急治療室公式

『PICU』第2話では、やけどを負った姉弟がPICUに搬送されます。ひどいやけどの弟に対して、姉は軽傷かと思われましたが・・・。

この件で、武四郎(吉沢亮)と植野(安田顕)の意見が対立します。武四郎の選択は?そしてその結果は?

※ここから先はネタバレ有のあらすじです!

人材不足のPICU!理想と現実

何か自分にできることがないかと、武四郎(吉沢亮)は休日出勤します。出勤していた綿貫(木村文乃)は「(武四郎は)一人にカウントできるとは思えない」と塩対応。羽生(高梨臨)も同意見でした。

そのころ、植野(安田顕)は「北海道PICU推進に向けた意見交換会」に出席して、PICUへの人材を募っていました。しかし、現実は厳しいものです。

札幌共立大学病院・救急科科長の渡辺(野間口徹)は、優秀な人材をみすみすPICUに手渡すわけがないとたたきつけます。果てには、PICU設立は、鮫島(菊地凛子)知事の選挙対策、人気取りだと。

さらにはPICUに大量に資金が割り当てられたので、他の病院の資金が削られた、助けられたかもしれない命があったかもしれないとまで突きつけられます。植野には返す言葉がありませんでした。

緊急搬送されて来る姉弟

休日なのだからしっかり休めと言われ、病院を出た武四郎の前に救急車が!搬送されてきたのはやけどを負った姉・莉子(田中乃愛)と弟・理玖(中村羽叶)、そして付き添ってきた母親の京子(紺野まひる)でした。

武四郎は母親と軽傷と思われた姉の対応を植野に任されます。植野たちはひどいやけどをした理玖の手当に尽力します。そのうち武四郎が任された莉子に、のどの異常が!苦しそうに息が荒くなります。武四郎はすぐさま植野を呼び、植野は莉子の手当に入ります。

気道熱傷だと判明し、莉子は気管切開となってしまいます。しばらくして落ち着いた後、声の出せない莉子と筆談すると、「全部私のせい」と彼女は書き出します。母親・京子は外で働いていて、莉子はおなかのすいた弟・理玖のために料理しようとしたのです。そして誤って火事を起こしてしまったのでした。

莉子を前にした武四郎は・・・

発話はできるものの、莉子の声は元に戻らないと浮田(正名僕蔵)に伝えられ、ショックを受ける武四郎。植野は母親・京子に莉子の症状、声が元のようには戻らないと伝えます。

合唱をやっている莉子のことを気遣い、本人には黙っているようにと京子と植野が合意します。しかし、武四郎は本当のことを教えたら、治療方法が変わってくるのでは?と思いました。そんな武四郎に対して植野は京子の意見を今は尊重すべきだと伝えます。

莉子には声のことは伝えずに治療のことを優しく説明します。莉子は自分の声が元に戻るかどうか心配していました。そんな彼女を見た武四郎はジレンマに陥って、心苦しそうでした。

夜、弟・理玖の心配をする莉子。武四郎は自分も料理をしていたことをはじめ、身の上話を始めます。声を出そうとする莉子でしたが、制止してのどを休めるように言う武四郎。

莉子は不安に押しつぶされそうになりながらも、武四郎に本当に声は大丈夫なのかと問い詰めます。

いたたまれなくなった武四郎は、今までと同じようにというのは難しい、今、自分も一生懸命治る方法を見つけていると話してしまったのです。本当のことを聞いた莉子は「ありがとう」とスケッチに書きました。

大ショック!武四郎が目にしたものは!

武四郎は植野に誘われ、食事に行きます。当たり障りのない北海道の話から始まり、PICUの話に。そして莉子の話になります。武四郎は莉子が声の件を受け入れたこと、ありがとうと言われたことを話します。これを聞いた植野は一瞬にして表情が険しくなります。

PICUでは莉子が大変な行動に出ていました。彼女のスケッチには「死にたい」と大きな文字が!これを目にした武四郎は愕然とします。

しばらくして莉子が眠り、落ち着きました。植野は「弟のことで傷ついていたのに、さらに追い込んだ、命を絶つことも考えましたか?」と武四郎を問い詰めます。「ここはチーム医療です、親御さんもチームに入っているのです」ときつくお灸をすえます。

PICUに新たなるメンバーが誕生!

翌日、CIPUに武四郎が出勤すると莉子の母親・京子がいきなり武四郎に平手打ち。武四郎は謝るしかありませんでした。綿貫は「向いてないと思う」「いつか訴えられる」と武四郎に。

莉子のもとに行く武四郎。莉子は「ママに怒られたでしょ、私のせいでごめんなさい」と。武四郎は莉子にもやはり謝るしかできませんでした。気丈にふるまいながら莉子は「じゃあ」と言って去って行きます。

その後、武四郎は一人芝の上で感慨にふけっていました。彼の隣にはいつしか鮫島が。自分のダメダメさを話す武四郎。「先生が何でお医者さんになったのか教えてくれますか?」と鮫島は問います。

すると子供のころの話をするものの、現在はうまくいなかいのでどうしたらいいかわからないとグラグラしそうな武四郎でした。鮫島も「初めては誰でもそうです」と。自分の状況も武四郎と同じような鮫島。お互い負けずに頑張ろうと前向きになります。

一方、PICUにベテラン麻酔科医の今成(甲本雅裕)がやって来ました。今成は、武四郎が落ち込んでいたことを植野に伝えます。植野は「いいことです」と一言。

その様子を見て今成は、武四郎は植野に似ていることを伝えるとともに、最後には「(PICU)チームに入れてください」と申し出ます。実は以前に今成は植野によって口説かれていたのでした。

そのころ、帰宅する武四郎の携帯に悠太(高杉真宙)から電話が。「武四郎・・・俺・・・」と。

次回第3話に続きます!

【PICU小児救急治療室】第2話の感想・口コミ・評価まとめ

ここでは「PICU」第2話を実際に視聴した方の感想をご紹介していきます!

みなさんが投稿しているように、思わず涙腺緩んじゃいますよね~。命を預かっている主人公たちだけにググっと引きずり込まれちゃいます♪

しこちゃん先生(武四郎)への応援コメントがたくさんありますね~♪私も応援してます!毎回、彼が成長していくようで楽しみです♪

【PICU小児救急治療室】第3話の内容と今後の展開は?

出典<公式YouTubeより>

志子田武四郎(吉沢亮)のもとへ、網走総合病院で救命医をしている親友・矢野悠太(高杉真宙)から電話があった。
その際、悠太の様子がどこかおかしいことに気づいた武四郎は「何があったんだよ?」と心配するが、悠太は「なんでもない」と電話を切る。そんな悠太のもとに、7歳の少年・杉本淳之介(松野晃士)がトラックにはねられて緊急搬送されてきた。
淳之介は、大腿骨骨折のほか、第4肋骨と第5肋骨が折れ、肺を損傷している可能性もあるほどの重症だった。
外科医がオペ中だったため、悠太は、淳之介を設備の整った大きな病院へ搬送しようと決断するが、濃霧がひどくヘリコプターを飛ばせないとの知らせが入る。
悠太は、このまま救急車で釧路に向かうよう指示するが、釧路までは山あいの道を進むことになるため、3時間はかかるといわれてしまい……。
引用元<TBS:PICU小児救急治療室公式

今回の最後、悠太が武四郎に電話してきて「武四郎・・・俺・・・」で終わりますが、きたる第3話では、このあたりが非常に気になります。今までも何度か悠太→武四郎の電話がありましたよね。職場の先輩との人間関係でしょうか?大丈夫かな?悠太・・・。

しかも、救命医として勤務している彼のもとに搬送されてくるたった7歳の少年の命に係わる事態に直面するようで、とても心配ですね。負けないで!悠太!

【PICU小児救急治療室】第2話あらすじネタバレ感想まとめ

カノン
カノン

それではまとめます!

この記事では『「PICU小児救急治療室」第2話のあらすじとネタバレ感想!火傷を負った姉弟に「正しい判断」とは!?』と題して、お送りいたしました!

声が以前のように出せなくなってしまう莉子に対するケアで、しばらくは黙っているようにと植野と母親の京子が決めたのにもかかわらず、武四郎が真実を彼女に伝えてしまったシーンでは「あっ!言っちゃった!」と思わず心の叫びが出てしまうようでした。

そして「死にたい」と書き、大変な事態になる展開には、どうなっちゃうんだろうと目が離せませんでした。やはり人の命がかかっているので心配ですよね~。今回は大事には至りませんでしたが、武四郎はまた少し成長したように感じました。

それから、視聴者のみなさんも気になったのではないでしょうか?最後のシーン!第1話から気になっていましたが、今回の悠太の電話は切羽詰まったようでしたね。次回、悠太がどうなってしまうのかとても気になります♪

\PICU小児救急治療室を無料動画で楽しむならコチラ!/
今すぐ無料で見逃し配信を見る♪
▲FOD14日間無料視聴できます▲

カノン
カノン

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

カノン

初めまして、管理人のカノンです。東京都出身、やんちゃ盛りな娘が一人、子育て奮闘中のパート主婦です。好きなものは映画にディズニー、可愛いもの全般、ハンドメイド、写真撮影とアルバム作り。節約と家計資金の為にポイ活もしています。いつか家族と世界旅行に行くことが夢です。

カノンをフォローする
タイトルとURLをコピーしました